たちばな家

たちばな家の歴史

創業昭和21年。
初代高木卓治は檜原村白倉地区出身。
八王子の肉店に奉公。当時、支那事変が勃発。
肉を卸していた中華そば店来々軒(※1)の中国人経営者が中国に帰国することになり、肉店が店を買い取ることになった。
その来々軒の店長として初代が送り込まれ、中国人の職人から中華そばを伝授された。
終戦後、復員した初代がたちばな橋付近で「たちばな家」と名付け中華そば店を開く。
当初は粉を手に入れる事が難しく、やむなくあり合わせの材料でおでんを売っていた。(※2)
1年後には本格的に中華そばをスタート。昭和50年に現在の場所に移転。

※1 日本で最初に中華そばを出した店が浅草の来々軒だという説もある。
※2 最初の1年間だけおでんを売っていた時期があったため、未だに地元では「おでん屋」と呼ぶ人もいる。